「バーレスク」から学ぶ、夢を叶える女性になるための3つのポイント!

ムービー, アメリカ

女性から見ても男性から見ても美しい女性とは、叶えたい夢がある人ではないでしょうか。なりたい姿がある、やりたいことがある人というのは、内側からキラキラするものです。今日は、映画「バーレスク」から学べる、夢を叶えるための大切なポイントをご紹介したいと思います!

「バーレスク」は、主人公アリがアイオワから一人ロサンゼルスに出て、周りの人たちと心を通わせながら歌手になる夢を叶えていくサクセス・ストーリー。いつもまっすぐ夢を追い、自分に対しても他人に対しても正直なアリは、外見も中身も美しい女性のお手本であると同時に、夢を叶える素質を併せ持っています。

 

直感を信じ行動すること

「今だ!」と感じたらすぐに動くことがどれほど大切かを、アリは教えてくれます。

アイオワでウェイトレスをしていた彼女は、ある日現状に嫌気が差し、動き出します。ありったけのお金と片道切符で、一人ロサンゼルスに向かった彼女は、セクシーに着飾った女性達が毎夜ゴージャスなダンスを披露するクラブ「バーレスク」に一目惚れ。すぐにオーナーに直接話をしに行き断られますが、例え舞台に立てなくてもその場にいたいという気持ちから、その日のうちにウェイトレスとして働き始めます。それが、彼女の夢が叶う第一歩となったのです。

また、知らされていなかったオーディションの日も、偶然それを見かけた彼女は半ば強引にダンスを披露し、ダンサーへの切符を掴みます。音楽が途絶えてしまった舞台で、咄嗟に思い立って歌を歌ったことも、翌日から「歌えるトップダンサー」として活躍するきっかけになりました。

叶えたい夢がある時、誰もが怖いと思うのは、いまあるものを手放すことです。安定した仕事や、住み慣れた街、支えてくれる仲間達。未熟な自分を否定されることも、怖いですよね。でも、夢を叶えるということは、現状を変えるということ。思い立った時、チャンスやきっかけが現れた時には、迷わず動きましょう。自分で動かないと、何年たっても現状は変わりません。念入りに計画を立てるのも素晴らしいことですが、本当に夢が叶うきっかけは、直感的に動いた瞬間にこそ掴めるものなのかもしれません。

6ddadfd6a07dd582d7717070402d7ee3_m

夢を叶えると決めること

「バーレスク」に一目惚れしたアリは「ココで舞台に立つ」と決め、そこから物語は大きく動きはじめます。煌びやかなダンサーを横目にお酒を運びながら、ダンスを全て覚えていくアリの姿には心を動かされます。「絶対にあそこで踊るんだ」と心に決めて、その準備をもう始めているんです。まだ掴んでいない状況に対して具体的に準備をするのは、簡単なことではありません。だからこそ、それがパワーとなり、夢への道筋がハッキリ見えるようになるのでないでしょうか。

夢は「叶う」と信じていないと、叶う方向には動き始めません。もちろん努力や人の助けなども必要だったりしますが、誰よりも自分自身が叶うと信じ、叶った時の姿や喜びを思い浮かべることが、実現への近道なのかもしれません。

 

自分にできることで日頃から人を助けること

ストーリーの中には、アリが人に助けられる場面と、人を助ける場面がいくつもあります。

アイオワを出る時、同僚の子供にプレゼントをと、少ない持ち金の一部を渡そうとするアリ。強盗に持ち金を奪われ困ったアリを、アパートに住まわせてくれるバーテンダー。借金に困っているクラブのオーナーを、歌の才能と最高の知恵で助けるアリ。

夢を叶えるには、困難もあるでしょう。そんな時には誰かの助けが、大きな助けになることがあります。人は皆、誰かに助けれらて生きているのです。でも自分が困った時だけ助けてもらおうなんて思っていては、うまくはいきません。自分にできることを、日頃から誰かにしてあげましょう。そうすることで、必要な時に、思わず誰かに助けられることがあるのです。

4a54385dc186a39a0f2b037e3f281203_m

いかがでしたか?映画のサクセス・ストーリーは、もちろん見ているだけでもワクワクしますが、実際に夢を叶えるための秘訣が散りばめられているんです。夢を叶える高揚感を味わえる映画「バーレスク」、この週末に見てみてはいかがでしょうか?もちろん、恋愛も友情もあり、素敵な曲、セクシーなダンス、煌びやかな衣装やメイクからも目が離せません。キレイな女性、夢を叶える女性になりたい方は、ぜひ見てみてくださいね!

 

バーレスク

Writer's Profile

aco

東京在住の30代、元客室乗務員。フランスが大好きで、パリには毎年訪れています。とにかくいつも明るくポジティブ!旅行と写真とハンドメイドが趣味です。