シンガポールの歴史に触れる~コロニアルなホテルを巡る旅~

シンガポール, ライフ

先進国家として進化を続けるシンガポール。近未来的な建築物が増え、レジャースポットも充実しています。一方、街中に残るコロニアル建築物も多く、シンガポールを味合い深い都市として演出しています。

実は、第二次世界大戦中は日本が占領した時期もあるシンガポール。優美な姿を今に残すコロニアル建築物も、かつて日本軍が利用していたものもあり、日本との因縁も感じられます。

代表的なコロニアル建築物として愛されるホテルも多く、その趣は女性ツーリストを常に惹きつける存在でもあります。シンガポールの歴史に思いを馳せながらコロニアルなホテルを巡る、今回は、そんな旅をガイドしていきます。

【シンガポールにおけるコロニアル建築】

「コロニアル建築」は、植民地時代の建築様式。シンガポールは19世紀にイギリスの東インド会社の植民地支配により都市化した歴史があり、イギリス様式の建築物が数多く残っています。

シンガポールのコロニアル建築は、ヨーロピアン・ネオクラシックスタイルやパラディオ

様式で、現在もホテルや公共施設、オフィス、レストランなど店舗として活用されていま

す。

【コロニアルなホテルを巡る】

シンガポールのコロニアル建築は、外観を眺めるだけでなく、実際に宿泊できるホテルとして利用されている建物が少なくありません。コロニアルなホテルでのひとときは、大英帝国植民地時代の優雅な気分を味合え、旅の醍醐味となるでしょう。

<ラッフルズホテル>

Raffles-Hotel

シンガポールの創始者といわれるトーマス・ラッフルズの名を持つこのホテルは、シンガポールの代表的なコロニアル建築物でもあり、国内最高級のラグジュアリーなホテルとしても有名です。クラシックな白亜の建物は、周辺の近代的なビルとのコントラストも美しい唯一無二の存在感。数々のセレブリティが利用していますが、特に、イギリスの作家サマセット・モームに愛されたホテルとしても知られ、「ラッフルズ、その名は東洋の神秘に彩られている」という賞賛の言葉が残っています。第二次世界大戦時には日本軍陸軍将校の宿泊施設として使用されていたそうです。

女性に人気のカクテル「シンガポールスリング」の発祥の地でもあるこのホテルでは、バーに立ち寄り、カクテルを手にして夕暮れのひとときを楽しむのもおすすめ。セレブな気分に浸れるホテル内アーケードでのウィンドウショッピングもシンガポール観光スポットとして大変人気があります。

<グッドウッドパークホテル>

シンガポールの歴史的建造物に指定されているこのホテルは、三角屋根が特徴的な伝統的建築様式。前身は、シンガポール在住ドイツ人の社交クラブで、ライン川沿いのお城をイメージして設計されたそうです。ホテルとして生まれ変わった当時、スイートルームは「スエズ運河より東で最も美しい部屋のひとつ」と称されたという逸話もあり、当時からの存在感もうかがい知ることができます。第二次世界大戦中には、日本軍の事務所兼宿泊施設としても利用されていたそうです。

瀟洒な造りが乙女心をくすぐる外観とインテリアは、ゆっくりと静かに休日を過ごしたい女性におすすめ。中庭が見える客室からは野生のリスに出会えることも!繁華街のオーチャードロードからほど近い立地ですが、非常に静かで優雅な空間で、癒しの要素も満点です。

<フラトンホテル>

パラディオ様式の建築物の代表格でもあるフラトンホテルは、1996年まで中央郵便局として使われていた建物。ロビーには郵便ポストや以前の写真なども展示されています。第二次世界大戦時には、当時の総督がイギリス軍司令官と降伏について協議した場所としてシンガポールの歴史にその名を刻んでいます。

シンガポール観光の定番、マーライオンからすぐの立地で、マリーナ湾の対岸には、話題の「マリーナベイサンズ」を望み、新旧のシンガポールの姿を満喫することもできます。1階のコートヤードは上層階の客室の窓を見上げる吹き抜けの造りで開放感のある空間。午後のひととき、ハイティーを頂きながらゆっくりと過ごすのも素敵な旅のプランになるでしょう。

シンガポールには、ホテル以外にも多くのコロニアル建築物が点在しています。話題の観光スポットを巡るのも楽しみですが、時空を超えて古きシンガポールを垣間見る建築を巡る旅、は大人の女性ならではの経験になるでしょう。

Writer's Profile

snet

海外旅行、特に東南アジア好き。家族は愛娘、猫、猫、夫。
出産前まで「明日できることは明日」がモットーだったが、出産後、「今でしょ!」にポリシー変更。
明日どころか今を逃すと寝た子は起きてしまうのです。
http://kozuretripplanning.seesaa.net/