ルーツを知ると面白い!タイ料理の歴史を味合うグルメ旅

グルメ, タイ

旅の楽しみのひとつは、美味しい料理の数々。働く女性の旅先として人気のタイも、グルメ目的で訪れる方が多い国のひとつです。

世界三大スープのひとつとして有名なトムヤムクンをはじめ、世界美食ランキング1位に輝いたマッサマンカレーなど、グルメ天国のタイですが、実はタイ料理は世界の料理にルーツを持つことをご存知ですか?

今回は、タイ料理の歴史を味合う、知的グルメ旅をガイドします。

 

【タイ料理のルーツ】

タイ旅行の醍醐味のひとつでもあるタイ料理、その歴史はアジアを中心にヨーロッパ、アラブなどにも由来します。

タイはインドシナ半島に位置するため、中国とインド、両方の文化の影響を受けており、タイ料理は6~13世紀にかけて移民した中国系民族がもたらした中華料理がベースになっているといわれています。また、代表的なタイ料理でもあるカレーは、インドから仏教僧によりもたらされました。

14~17世紀のアユタヤ王朝時代には国際貿易が盛んになり、ヨーロッパ、アラブなど諸外国からの影響をさらに受け、現代のタイ料理に近づいていきます。特に、ポルトガルからは中南米産の唐辛子が持ち込まれ、卵を用いるデザートが伝わるなど、タイ料理文化に大きな影響を与えました。18世紀にはアラブ料理も伝わり、ピーナッツを使用した調理法はアラブ料理に由来しています。

また、タイ料理は地域によって非常に特色があり、それぞれ近隣国の影響を受けています。北部では中国やミャンマー、「イサーン料理」で有名な東北部ではラオスやカンボジアの影響、東部ではベトナム、海に面し国際貿易の要となった南部ではマレーシアやアラブ、ペルシア料理の影響が色濃く残っています。

 

【滞在中絶対食べておきたい!代表的なタイ料理】

それでは、タイ旅行滞在中に押さえておきたい、代表的なタイ料理とそのルーツをご紹介します。

 

<トムヤムクン>

世界三大スープのひとつと言われるトムヤムクンは100年以上の歴史を持つタイ料理です。もともとは、タイ中央部の川や運河沿いの川エビが豊富にとれる地域の料理でした。

唐辛子に柑橘系スパイスを混ぜて煮立てた、タイを代表するスープです。

e69d0811748fd744d623f91d22d4b851_m

 

 

<マッサマンカレー(ゲーン・マッサマン)>

世界美食ランキング1位に輝いたマッサマンカレーは、ピーナッツ、鶏肉、ジャガイモが入ったイスラム風カレーです。アラブ商人、ペルシア商人が多く寄港したタイ南部に生まれた独特の料理に由来しています。

マッサンカレー

 

<カオマンガイ>

中華料理の「文昌鶏(ブンチアンコイ)」に由来する一品料理で、鶏のダシに調味料を加えて炊き上げた米の上に、茹でた鶏肉のスライスがのっています。シンガポールの「チキンライス」と非常に似た料理で、ルーツは同じと言われています。

9cfaf0f6065f793710cdc3fe418692da_m

 

 

<ソムタム>

タイを代表する郷土料理で、広く全土で食べられていますが、もともとはラオスや東北部(イサーン)が発祥といわれています。主な材料は青いパパイヤで、細かく千切りし、トマトと香辛料を加え、小型の石臼で突き混ぜて作られています。ニンニクと唐辛子が効いていてかなりスパイシーです。

2fb0c9cd69f6b1ee25f78679f593d682_m

 

 

<フォーイトーン>

卵の黄身から作られているお菓子で、日本の鶏卵そうめんにも似ています。アユタヤ王朝期にポルトガルから伝来しました。屋台などでも気軽に楽しむことができます。

phoeton

 

グルメ天国、タイで味合う数々の料理のルーツは本当に様々。ルーツを学んでタイ料理を楽しむと、美味しさも倍増しそうです。次回のタイ旅行では、タイ料理の歴史を味合う知的グルメ旅、楽しんでみませんか?

 

Writer's Profile

snet

海外旅行、特に東南アジア好き。家族は愛娘、猫、猫、夫。
出産前まで「明日できることは明日」がモットーだったが、出産後、「今でしょ!」にポリシー変更。
明日どころか今を逃すと寝た子は起きてしまうのです。
http://kozuretripplanning.seesaa.net/