春満開! 春のお花に秘められた言葉

ライフ, リラックス, 散歩, , 生き方, 自然,

もうすぐ春ですね。

いえ、もう春ですね。

都内はついこの間まで枯れ枝のようだった桜が一斉に芽吹いて、

今週末には最高の見ごろとなりそうです。

春は花粉が苦しい季節でもありますが、

四季を通して最も花が綺麗に咲き乱れるときでもありますよね。

 

そこで今回は、春に咲く花とその花に込められた

言葉をいくつかご紹介したいと思います。

 

■菜の花

 

 

緑の茎に黄色が美しく際立つ菜の花、

花言葉は

『快活な愛』『元気いっぱい』

など、うきうきするイメージの言葉が多いです。

その色合いや形から、なんとなく由来が想像できますね。

見ごろは2~3月。

まっすぐに空へと伸びる姿は、

春の訪れとともに一歩踏み出す勇気まで与えてくれそうです。

 

■ネモフィラ

 

 

青と白が美しく、どこか儚ささえ醸すネモフィラ。

花言葉は、

『可憐』『あなたを許す』

です。

あなたを許す、いいですね。

ロマンチック……。

この花の見ごろは4~5月です。

ネモフィラはひとつひとつが小さな花なので、

たくさん集まれば美しい青い絨毯が広がります。

そしてなんと!

その絨毯が見られる場所が日本にもあるんです。

海外からも絶賛されるネモフィラ畑、

茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園では

シーズンになると辺り一っっっ面にネモフィラが咲き乱れます。

ゴールデンウィークにぜひ訪れてみてください!

私も行きます。

 

■スイートアリッサム

 

 

何度見ても「もう見た」とはならないのがこの花。

スイートアリッサムは何度見ても「かわいい~~!」です。

かわいいのは顔だけじゃありません。

花言葉は、

『優美』『美しさに優る価値』

です。

美しさに優る価値!??

一生のうちでこんな言葉を使えるときが果たしてくるでしょうか。

こんなにかわいらしく香り高い花が、その愛らしさに奢らず

「美しさに優る価値」を大切にしているのなら、もう、

私たちはアリッサムを見習って強く生きるしかなさそうです。

ちなみにアリッサムの名前の由来はギリシャ語の

「否定」と「狂犬病」を合わせて「狂気しない」

という意味からきているそうです。

設定がモリモリですね。

さて、このアリッサム。

見ごろは3~5月なのでまさに今、ですね!

ぜひ公園などで探してみてください。

 

以上、

いかがでしたでしょうか。

春の花、言葉、そして秘められた想い。

プレゼントに選ぶお花などに花言葉の想いを込めてみるのも

なかなか乙なのではないでしょうか。

今年の春は、ぜひ足元にも少しだけ目線を配ってみてください…♪

Writer's Profile

アレティ編集部