忘れられない思い出の夏、小銭を握りしめて駄菓子屋へ

Areti.STYLE

夏と言えば、楽しい思い出しかありません。

子どもの頃は、虫とり網と虫かごを持って、セミやカブトムシ、クワガタムシを取りに友達と出かけていました。あのワクワク感は、忘れられません。

祖父母に言われて、夏の午後は近所の駄菓子屋さんにアイスクリームを買いに行ったのもいい思い出です。
食べたいアイスクリームのリクエストを言われて、小銭を握りしめてスキップしながら、お出掛けしていました。

暑い日にみんなで食べるアイスクリームは、格別でとってもおいしかったです。
夜になると、打ち上げ花火や手持ち花火をやったのも、楽しかったです。花火をやるために、早めに夕ご飯を食べて、ドキドキワクワク楽しみにしていました。

線香花火も、シュ~ッと勢いのいい花火も全部大好きでした。一生幸せな記憶として残ると思います。
娘にも、幸せで楽しかった記憶として「夏の思い出」が残ってほしいです。

今年の夏は、海にもプールにも行って、キャッキャッととても楽しみました。娘の笑い声が響いて、親としても幸せな気持ちになりました。海を眺めていると、癒されました。手持ち花火もして、キラキラと輝く表情で笑い声に包まれて楽しい思いになりました。

夏休みをいかに楽しく過ごすか、毎年ワクワクしながら考えたいです。

Aretiアンバサダー|安藤幸恵

コスメが大好きで、デパートのカウンターにもよく行きます。 好奇心旺盛なタイプで、新しい情報をキャッチしたいです。 お肌のツヤ感を大切にして、イキイキとしたお...

プロフィール

関連記事一覧