「秋の色」と聞くと何色を思い浮かべますか?

Areti.STYLE

「秋の色」と聞くと何色を思い浮かべますか?

私は「赤」「黄色」です。

赤は「紅葉」「鳥居」「夕焼け」「赤とんぼ」から連想します。

 

黄色は「金木犀のややオレンジっぽい黄色」「イチョウ」です。
あと忘れてはいけないのが「栗」「かぼちゃ」「さつまいも」ですね。

どれも原色のそれとは違っていて、少しくすんだような色合いなのが哀愁漂うといいますか、暑かった夏が終わって少しずつ冬に向かっているんだなぁと実感するんですよね。

 

草花の色もまた変わってきます。
夏は、ひまわり、朝顔、ハイビスカスなどのパッと明るい色の花が多い中、秋は、コスモス、桔梗、ヒガンバナなどやや色のトーンが落ちたような花々が多いイメージがあります。

こうして私たちは季節の変わり目を感じていくのかもしれませんね。

 

今年のトレンドカラーは?

ファッション業界では、2019秋冬トレンドカラーは『ベージュ』『グレー』なのだそう。
確かに今年は少し地味目なカラーが多いように感じます。どこか優しい大人っぽい色合いの洋服が多いですよね。

必ずしも流行色を入れなくてはいけない、ということはありませんが少し意識してみると、いつもとちょっと違った自分が見えてくるかもしれません。

特に今年のベージュやグレーは誰にでも似合いそうです。
私も普段はベージュの服をほとんど着なかったのに、今年は取り入れてみました。

今まで地味だと思っていたけれど、差し色をいれたりメイクを変えたりしたら意外と悪くないかも、と思えました。
是非チャレンジしてみてくださいね。

Aretiアンバサダー|藍沢美香

美容、花、猫が大好き。 普段は猫の雑貨屋を運営していますが、美容好きが高じて美容雑誌の公式ブロガーや美容系インフルエンサーとして活動しています。 お花は草月...

プロフィール

関連記事一覧