2月からはじめよう。意外と気になる、ヒジのお手入れ法

BEAUTY

Photo by Marco Xu on Unsplash

 

だんだんと暖かい日も増えて、過ごしやすくなってきましたね。

春も近づき、もうすぐ半袖の季節がやってきそうです。しかし、ケアを忘れてしまいがちなヒジが露出する季節でもあります。

肌の中でも、色素が沈着しやすく、黒ずみがちなヒジ。今のうちにケアをして、春夏にはキレイなヒジで自信を持ってファッションを楽しみたいですよね。

今回は、今から仕込むヒジのケアをご紹介します。

 

ちょっとしたクセが、黒ずみの原因に

ヒジに限らず黒ずみの正体は、メラニン色素が沈着することによって起こる『色素沈着』。

普段のクセで、ついつい頬杖をついてしまったり、ボディケアをさぼって乾燥してしまうと、この黒ずみは消えるどころかどんどん濃くなってしまうのです。

ですが、きちんと対処することでこの黒ずみを緩和させることは可能です。

なるべくヒジを付かないようにしたり、摩擦のしにくいゆったりした袖の服を選ぶなど、生活の中で実践できるところから始めてみましょう。

Photo by Anna Pelzer on Unsplash

また、身体の内側からサポートすることも大切です。抗酸化作用が期待できる、ビタミンを多く含んだ食品を日常的に取り入れることによってメラニンの発生を抑えるなどの対策を!

 

擦りすぎNG、古い角質を落としてしっかり保湿

家でのケアも少しだけ気を付けてみましょう!

お風呂では、ゴシゴシ擦ってしまうと摩擦の刺激によって余計に黒ずみの原因となってしまうことも。スクラブなどを使うときは、やさしく肌の表面の古い角質を溶かすようにヒジを撫でてあげましょう。ただし、こちらもやりすぎは禁物。肌の調子に合わせて、週に1度くらいの頻度がベストです。

Photo by Dan Smedley on Unsplash

毎日のボディケアをする際は、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。特にお風呂上りは乾燥しやすく、放置しているとガサガサになってしまいます。ヒジ専用パックなどを活用するのもおススメ。

ヒジの皮膚は薄くデリケートなので、毎日のケアを怠らないようにしましょう!

 

2月からのケアが大事な理由

肌が再生する周期を『ターンオーバー』と呼びます。個人差はありますが約28日間の周期で生まれ変わるので、今の内から集中ケアを始めておけば、半袖の季節に間に合うはず。ちょっとした習慣の積み重ねで、人の身体は変わります。

肌の生まれ変わる周期を味方につけ、しっかりとケアすることで黒ずみを気にせず、ファッションを楽しめる季節を迎えましょう!

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧