傷んだ髪の救世主 ”γ-ドコサラクトン“って何?

BEAUTY

外にいるだけで太陽がジリジリと照り付け、紫外線を全身で浴びる夏。今年はレジャーを控えたとしても、通勤や通学、買い物などで確実にダメージは蓄積されています。紫外線による影響は、肌はもちろん、髪の毛も! 老化が進みやすい夏こそしっかりヘアケアをして、健康的な髪と頭皮を目指しませんか?


ヘアアイロンやドライヤーの前に使うだけでダメージ補修に


髪は芯となる中心部の“メデュラ”、その外側に“コルテックス”という髪の色や性質を決定づける部分があり、表面を“キューティクル”が覆って艶を出しています。

“キューティクル”は鱗のように重なって髪を守っているのですが、カラーリングやパーマ、過度なブラッシングによる摩擦、繰り返すヘアアイロン・ドライヤーの熱、そして紫外線によるダメージなどが原因で欠損。キューティクルが乱れることで内側の水分が蒸発し、パサつきや切れ毛となってしまうのです。

夏は湿気や汗で髪がうねりやすいため、ヘアアイロンの出番が多いという方もたくさんいるはず。

ヘアアイロンユーザーにとっては、毎日使いたいけど、紫外線によるダメージに加え、熱ダメージで髪が傷まないか心配ですよね。

そこで、数々のヘアアイロンやドライヤーを手掛け、まじめに熱ダメージの軽減に取り組んできたアレティが「安心してヘアアイロンやドライヤーを使ってもらいたい!」という思いでたどり着いたのが“γ-ドコサラクトン”なのです。

 

“γ-ドコサラクトン”はうねり、絡まり、ハリコシの減少といったエイジングによるトラブルを改善。そして、髪の毛内部に浸透し、アミノ基と結合。ヘアアイロンやドライヤーの熱を加えることで形状が固定され、なんと、シャンプー後も補修効果が持続! 菜種から得られる植物由来だから安全性が高く、毎日継続して使いたいヘアケア成分なのです。

アレティでは、この“γ-ドコサラクトン”をアレティトライアクティブシリーズのヘアミストシャンプートリートメントに配合。ドライヤーやヘアアイロンの前に取り入れるだけで、ツヤ、指通りが驚くほど違うので、紫外線&熱ダメージを負った髪に是非お試しください! 
ヘアミストは髪全体に散布したら、ドライヤーで乾かしてからヘアアイロンをどうぞ。頭皮のうるおいもキープする保湿成分入りだから、頭皮環境を整えたい方にもオススメですよ。

 

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧