• HOME
  • ARTICLE
  • LIFE
  • 自分らしく生きよう|中世ヨーロッパを再現!繻 鳳花さんのお仕事とは

自分らしく生きよう|中世ヨーロッパを再現!繻 鳳花さんのお仕事とは

LIFE

中世ヨーロッパ時代の料理やダンスなどを再現し、みんなで楽しむ歴史再現企画や、西洋ファンタジー関連の体験型イベントを企画する「コストマリー事務局」主宰の繻 鳳花(しゅ ほうか)さん。

月に数回のペースでイベントを開催するなど、他にない道を自分の力で切り開き、力強く進む彼女の、お仕事に対する想いを聞きました。

 

趣味から、生業に

このような”マニアック”な世界で活躍する繻さんは、何をきっかけに中世ヨーロッパ時代の民俗史に興味を持ったのでしょうか。

それは、多くの人が楽しむロールプレイングゲーム。実は彼女もそんなゲームが大好きな1人だったのだそう。

「ゲームをやっていると宿屋とかが出てくるんです。その中のお皿にのった料理を見て、これ自分でもできるのかな? と思ったんですよね。

それで少し調べてみたら、実際の中世ヨーロッパの生活はゲームの世界とは違うことがわかって、そこから興味を持ち始めました」

その後、趣味サークルからスタートし、十数年前には本格的に現在のようなイベント企画等の活動を開始したそう。まさに最近の言葉で言うと”好きなことで生きていく”。繻さんは時代の先駆けのような存在だったのかもしれません。

彼女のように西欧ファンタジーから、中世ヨーロッパに興味を持つ人は多いでしょう。

しかし、繻さんは他にあまり例を見ない”再現”に力を入れています。

 

繻さんが再現したローズハニークッキー(皿・右上)

繻さんが再現したローズハニークッキー(皿・右上)
当時は砂糖が高価だったためハチミツが多く入っており、
貴族や王族に好まれたローズウォーターも使用されている。16世紀ごろに食べられていた。

「やっぱり料理って食べてみないとわからない。本や難しい論文はたくさんあるけれど、文字では言い表せない “体験” を大事にしたいんです」

行ってみて、食べてみて、やってみて、初めてわかること。スマホ1つで何でも見られる現代だからこそ “体験” によって自分の持つ概念が覆る経験をしてほしい、と語ります。

「蜜ロウキャンドルライブ」の様子。 電気に囲まれる現代にはなかなかない、幻想的な雰囲気がとても素敵。「蜜ロウキャンドルライブ」の様子
電気に囲まれる現代ではなかなかない、幻想的な雰囲気がとても素敵。

“好きなことで生きていく” といっても、イベントを企画・運営するのはとても大変。多方面の方と協力して1つのイベントを作り上げる必要があるため、こんな苦労も。

Aretiライター|セイナ

フリーライター。働き方・生き方の記事を中心に執筆しています。ライターを初めて間もないですが、幼い頃から大好きだった書くことで生きていこうと奮闘中。 大学でも...

プロフィール

関連記事一覧