普段は言えない想いこめて。カードで気持ちを伝えてみませんか?

ART&CULTURE

すぐそこにまで近づいたバレンタインデー。彼に、夫に、大切な誰かにチョコを渡す方も多いでしょう。ですが、「毎年渡しているから」「それが習慣だから」とただ渡しているだけではもったいありません。

今年は、少し特別なバレンタインにしてみませんか?

バレンタインは、お互いの愛を改めて考える日


 

90カ国以上で活動するクリスチャン・グループ『ファミリー・インターナショナル』のHPによれば、元々のバレンタインデーは「14日に若い未婚女性たちの名前の書かれた紙が入れ物に集められ、次の日に男性たちがその紙を引いて紙に書かれた女性と祭の間や時には1年間も付き合いをする」というものでした。
そこから時代に合わせて派生し、いつしか愛を綴ったカードを出すのが習慣になったのです。
つまり、“お互いの関係について改めて考える日”であり、“普段は伝えにくい愛を伝える日”でもあると言えるでしょう。

 

今年のバレンタインは、カードで素直な想いを伝えて


Photo by Mockaroon on Unsplash

今年は元々のバレンタインデーの習慣のように、彼へカードを送ってみてはどうでしょうか? 「でも、何を書けばいいか分からない……」という方もおられるでしょう。そんな方に是非オススメしたいのが、映画『P.S.アイラブユー』です。

 

もういない彼からの手紙で愛を再確認していく『P.S.アイラブユー』


最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で突然亡くしたホリー。夫を亡くした喪失感から失意のどん底にいた彼女の30歳の誕生日。突然、夫からの“消印のない手紙”が届きます。

亡くなった最愛の人から届く手紙を受け取るたびに元気になっていくホリー。ジェリーを失った悲しみと出会えた幸せをかみしめながら、徐々に生きる力を取り戻していく、そんなストーリーです。

 

普段は言えないことを、カードに込めて


Photo by Ava Sol on Unsplash

亡くなったジェリーからホリーに届く手紙の内容は、どれも彼女を後押しするものばかり。
「今の仕事、辞めたいんだろ? 辞めるのを後押ししてあげるから、サインを見逃さないで」
「一度失敗したカラオケ大会のこと、気にしてるだろ? この機会にリベンジをしよう!」
「この機会に、ゆっくりやりたい仕事を見つけてみたら?」
「永遠に君を愛してる。だけど、君が新しい恋人を見つけてくれたら嬉しいな」

これらは、ジェリーが生前“思っていたけれど、面と向かっては言えなかったこと”なんです。ホリー自身も気づいてはいるものの、一歩踏み出せなかったことでもあります。

大切な相手だからこそ、伝えた方が良い。と気づきながらも、言えていないこともあるはず。


今年はバレンタインの力を借りて、彼の背中を押すように想いをカードにしたためてみては?

一年に一度のバレンタインという日を利用して彼との関係を見直してつつ、日頃はなかなか言えない気持ちを伝えてみてくださいね。素敵なバレンタインになりますように。

 

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧