この春は、おうち時間で肌を育てましょ

BEAUTY

自粛生活やリモートワークでおうち時間が増えている今、気がついたら何日もお化粧をしていないという方も多いはず。美の旅編集部員Aもその一人ですが、見方を変えれば、例年よりも紫外線を浴びていない分、肌の基礎力を上げるチャンス! 寒さと乾燥が和らぐこの季節は肌育てにピッタリなんです。

 


みんなが持っている“美肌菌”で肌を整える


 

突然ですが、皆さんは菌活していますか? 
編集部員Aは細菌や酵母の力で美味しくなる発酵食品が大好きで、甘酒、味噌、ヨーグルトなど、普段から取り入れています。そして、数年前から話題となっている“美肌菌”での菌活も継続中。乾燥やトラブルに負けないお肌を目指しています。

美肌菌って聞いたことあるけど何モノ? と思っている方のために、少し説明しますね。
美肌菌とは、肌の角質層に棲んでいる表皮ブドウ球菌のこと。誰もが持っている常在菌の1種です。皮脂や汗を、グリセリンと脂肪酸に分解し、肌を弱酸性に保ちながらトラブルを防止。保湿力もアップして、潤った肌に整えてくれるのです。
美肌作りのために、日夜働いてくれている美肌菌ですが、洗いすぎたり、間違ったスキンケアを続けることで減少してしまうそう。乾燥肌の方は美肌菌が働きにくい肌環境なのかもしれません。

そこで、編集部員Aが普段のスキンケアとして取り入れている“アレティ うる肌レシピ ローション”。美肌菌が大好きなWのオリゴ糖(αーグルカンオリゴサッカリド、ホスホリルオリゴ糖Ca)を配合しているため、菌が活発に働き、ターンオーバーも正常化。美肌菌による天然のグリセリンのおかげで乾燥も和らぎました。

水分を閉じ込めた肌は、ふっくらとキメが整い、光を乱反射させるので毛穴も目立ちません。となると、ファンデーションもいらないくらいで、過剰な洗顔も不要。美肌菌はますます元気に。とってもいいサイクルが出来上がるのです。

このローションは着色料、香料、防腐剤、アルコール、オイル、界面活性剤を使用しない、6つのフリー処方で敏感肌の方にもオススメ。

ローションを顔全体になじませたら、肌の状態に合わせて乳液などをつけておしまい!
しかも、ローションのボトルは上から見ると桜の花びらの形なんです。今年は桜を満喫できなかったので、スキンケアタイムが春の喜びを感じられる幸せなひと時に。

おうち時間が長く続く今だからこそ、美肌菌を減らさない、シンプルスキンケアを試してみませんか?

 

アレティ うる肌レシピ ローションの詳細はこちらからご確認ください

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧