贈り物としても電動歯ブラシが大人気!

BEAUTY&HEALTH

withマスクの生活が長引いて、口呼吸になっていませんか? 口呼吸は口や喉が乾燥しやすく、唾液の分泌が悪くなります。改めて心と体の健康を考え直したい今、離れた家族と気軽に会えない日々が続いている今、大切な家族への贈り物として電動歯ブラシに注目が集まっています。


なぜ“口呼吸”に注意が必要?


マスクを長時間していると息苦しく感じるときがあると思います。そんなときは、うっかり口呼吸をしているかもしれません。

口呼吸を習慣化してしまうと空気中の有害なものが口内や喉に付着したり、乾燥から唾液が減ることで歯に汚れが付きやすく、黄ばみの原因に。さらに、唾液が減ると細菌類をシャットアウトできなくなるため、虫歯や歯周病にもなりやすいのです。

美容面にも影響があり、口をポカーンと開けていることで、筋肉がたるみ、シワや2重顎になってしまうことも。

いつまでwithマスクの生活が続くのか定かではない今、鼻呼吸を意識して、お口のケアを続けることが大切なのです。

 


健康寿命を延ばすためにも
口内ケアを続ける


口内ケアの基本は歯磨きですが、歯と歯茎の境目や歯と歯の間、磨きにくい部分には虫歯のモトとなる歯垢が残りがち。歯垢はネバついているため、うがいだけでは落ちないうえに、たまると歯周病などのトラブルを引き起こしてしまいます。

歯周病菌が血管内に浸入して全身に行きわたると、糖尿病や脳梗塞、早産など、様々なリクスの一因に。口内環境が悪いと健康寿命にも影響があると言われています。

平成元年から「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という“8020(ハチマルニイマル)運動”が推進されています。自身の歯を20本以上保ち、美味しい食事を楽しむため、笑顔を絶やさないためにも、毎日の歯磨き習慣で健康管理を続けましょう。

 


磨き残しを減らし
歯茎の健康も維持するために


美の旅編集部のオススメは、1分間に約41,000回の音波振動で歯の汚れを除去する電動歯ブラシ-MIGAKI-。美容家電メーカーが手掛ける笑顔美人になるためのアイテムです。

MIGAKIの特徴は口内環境に合わせて調節できる2段階の振動速度。歯の汚れを強力除去したいときはクリーンモード(41,000回/分)、歯茎もやさしくケアしたいときはセンシティブモード(28,000回/分)。2分間連続で使用すると電源が自動でOFFとなるので、磨きすぎによる歯茎の炎症を予防します。

歯ブラシは歯の汚れと黄ばみも防ぐ“スタンダードブラシ”、柔らかな毛でやさしく磨く“極細センシティブブラシ”、抗菌性シリコンで舌のケアもできる“舌磨き付きマルチブラシ”、歯ブラシが届きにくい箇所に便利な“ピンポイントクリーンブラシ”がセットに。

母の日や父の日、敬老の日は健康を気遣う贈り物としても選ばれているので、まだ用意していないという方は是非HPをご確認ください!

MIGAKIは上品なインディゴカラーのボックス入りなので贈り物としても最適ですよ。

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧