パリジェンヌに学ぶ!自分の魅力を最大限に引き出す秘訣

BEAUTY

こだわっているけれど、シンプル。

誰のものでもない「自分の人生」を100%楽しむフランス人女性は美しく、その生き方には幸せのヒントがたくさん詰まっています。

今回は、そんな彼女たちが実践しているお肌のお手入れやメイクについて迫ります。


お肌の手入れは上質なクリーム1点主義!


パリジェンヌは何事も、アレもコレもと欲張らないようです。自分にとって「いいもの」を一つ見つけ、それにこだわり追求します。

美容法もしかりです。私たちのように、拭き取り、化粧水、乳液、美容液、パック……と無限のようなケアはせず、ケアはクリームだけという女性が多いのです。

その代わりパリジェンヌは、クリームの質には妥協しません。

自分に合っていて、長く使おうと思えるクリームなら、少しくらい値が張っても躊躇しないのです。

フランスは、世界でも有数のブランドがひしめくコスメ大国。次回のフランス旅行の際には、あなたに合った一生モノの上質なクリームを探しに、デパートへ出かけてみてはいかがでしょうか。


メイクも大事なポイント1点主義!


パリジェンヌはメイクアップも、1点主義を貫きます。

ファンデーションも付けずばっちりアイメイクだけ!や、目元はノータッチで真っ赤なリップを乗せるだけ、など。

これは、面倒だからでも、気まぐれでやっているのでもありません。自分が一番魅力的に見えるパーツを知っていて、それが引き立つメイクをしているのです。

例えば、白黒に一部分だけ色が入っている写真を見たことはありませんか?

オールカラーのものよりも、色がついた部分が鮮やかに引き立って見えますよね。全てを飾り付けるより、どこか一部分を飾ることで自然とその部分に目がいくのは、誰もが納得の現象ではないでしょうか。

メイクでも、自信のない部分を隠すより魅力的な部分を強調するパリジェンヌの姿勢は、見習いたいですね!


あなただけの魅力的なパーツをさがそう


こうなると気になるのが、どこが自分の「一番魅力的に見えるパーツ」なのかということ。

普段はコンプレックスに思っていたパーツも彼女たちから見ると、例えばアジア人の目元はキリッと長い目が印象的で羨ましいと言われます。

「羨ましい」と言われれば誰でも少し嬉しくなるもの。敢えてキリッとつり上げたアイラインを入れてみたら、パリジェンヌたちに絶賛さた!という体験談もよく耳にします。

必ずしも自分が好きなパーツが、魅力的なパーツだとは限りません。裏を返せば、自分が嫌いだったパーツこそが、魅力的なパーツになる可能性もあります。

それを見つけるために、日本であれば、デパートの化粧品売り場で店員さんにメイクアップをしてもらうのも一つの方法。

他の人が見て、自分の魅力パーツはどこなのか、それを知っているとメイクがより一層楽しくなります。

ただ、フランスの化粧品売り場では、商品は自由に試せますがメイクはしてもらえません。

でも、旅行中はいつもと違った場所にいるんです。誰にも気兼ねなく、ちょっと挑戦的な新しいメイクを試す絶好のチャンスです。

思い切って、普段は使わないカラーのアイメイクや、リップを試してみませんか?

アムールの国フランス、魅力を振りまいて歩いていたら、街中で男性陣から「トレ・ベル!(とっても美人ですね!)」と声を掛けられることもしばしばです。

肌のお手入れもメイクも、生き方そのものも、「シンプルで上質」を大切にするのがパリジェンヌのスタイル。

自分自身を愛することこそ、彼女たちが実践する最高の美容法なのかもしれません。

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧