おうちで簡単、手作りパンプキンポタージュスープの魅力

FOOD

冷え込み厳しい2020年の年明け、慌ただしい日常が徐々に戻ってきました。

年末年始の疲れを取り除ききれないまま、朝食もとらずに出勤してしまう人も多くないはず。

ついつい忙しさに追われ、疎かにしてしまいがちな朝食を、週末のひと手間でランクアップさせてみませんか?

実はとっても簡単な「パンプキン・ポタージュスープ」の作り方をご紹介します。

冷え込む朝に、ほっこりポタージュスープ

<材料>

  • 牛乳………………400ml
  • バター………………大さじ1
  • コンソメキューブ… 1個
  • 塩 ……………………適宜
  • 玉ねぎ………………1個
  • カボチャ……………1/2個

基本の材料は以下の通りです。カボチャの代わりに、ジャガイモやニンジンなどお好きな根菜類で作る事も!

今回は、ほっこり甘いカボチャをつかったレシピをご紹介します。

<作り方>

難しそうに思えるポタージュスープですが、ハンドブレンダーがあれば意外と簡単に作ることが出来ます。

玉ねぎは薄切りに、主役のカボチャは皮を削いで1センチ角程度の角切りにして、下ごしらえは完了です。

次に、厚手の鍋を用意し、バターで玉ねぎをしんなりするまで炒めます。

玉ねぎに火が通ったら、そこへカボチャとコンソメキューブ、具材がひたひたになる位の水を入れ中火で煮込みましょう。

15分ほど火にかけカボチャが柔らかくなったら、ハンドブレンダーで全体が滑らかになるまでよく潰します。ハンドブレンダーが無い場合は、ミキサーでも構いません。

しっかりと具材を潰したら牛乳を少しずつ加え、弱火にかけながらスープを延ばします。

最後に塩で味を整えたら、盛り付けにパセリや胡椒をアクセントに加えるのもおススメ。

「パンプキン・ポタージュスープ」の完成です。

作り置きは冷蔵庫で2、3日ストックすることが出来ます。

クラッカーやトーストを浸したり、お気に入りのマグカップで手軽に楽しむポタージュスープ。

忙しい毎朝に、ちょっとした贅沢を味わえる手作りポタージュで、寒い冬を乗り切ってみませんか?

 

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧