“塩”を知れば、生活が変わる!上手な塩との付き合い方

BEAUTY

塩は料理にも使い身近な調味料ですが、美容の面でも効果的ということはご存知の方も多いかと思います。

しかし実際にどんな作用があるのか、具体的な事は意外と知らないかも…。

今回は“塩”の選び方や、効能についてご紹介します。


意外と知らなかった、塩の種類


塩は大きく2種類に分けることが出来ます。

ますは精製塩と呼ばれるもの。科学的製法で精製された塩は、安定した品質で大量生産が可能なため、一般的な食塩として広く知られています。

そしてもう1つは、天然塩です。こちらは精製されていないぶん、ミネラルを豊富に含み、甘みや旨みを感じやすいと言われているのです。

主に塩の味を構成するのは、「しょっぱさ」を決める塩化ナトリウム、さらにそのしょっぱさを引き立てる「酸味」成分のカリウム、そして「甘み」のあるまろやかな味わいを感じさせてくれるのがカルシウムです。

これらの成分が天然塩では多く含まれているため、深みのある味わいの塩になるのです。

成分表に記載されている割合を見ながら、料理に合った塩を選んでみると、日々の食事が楽しくなるかもしれませんね。


塩を使ってデトックス


塩が含むミネラル成分が、効果を発揮するのは料理だけではありません。

お風呂に手ひとつかみ程度入れて入浴することで末梢血管の血行が良くなり体の芯から温まり発汗量が大幅に増えて肩こりや腰痛、冷え性改善、保湿効果や疲労回復や風邪予防にも効果があると言われています。

特に末端冷え性の方は、暖かいお湯と塩を入れた洗面器に足をつけておくだけでも、ぽかぽかに!

さらに塩分の浸透圧で体の水分が体外に出されるときに体内に溜まった悪い物質も一緒にデトックスすることができます。

また、洗面器に張った水に一つまみ程度の塩を溶かした塩水で洗顔することで毛穴の黒ずみを除去して引き締めたり、ニキビや吹き出物をケアしたり肌をツルツルにするピーリング効果なども期待できます。


上手に塩と付き合う


塩分の過剰摂取は禁物ですが、成分や効果を知り上手に付き合うことで、塩は私たちの生活を豊かにしてくれます。

様々な事情によって家にいる時間が長くなっている現在、身近な「塩」を使って、いつもよりじっくりお料理をしてみたり、バスタイムを楽しんでみてくださいね。

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧