微笑みの国タイのごはん

TRIP

こんにちは。

突然ですがみなさんはタイにどのようなイメージを持っていますか?

グリーンカレー・常夏・象・微笑みの国等々

日本とは異なる東南アジア独特の文化が浮かぶのではないでしょうか。

今回はそんなタイのおすすめのごはんについてご紹介したいと思います。

 

 

1.プーパッポンカリー

バンコク発祥のカニと卵のカレーです。

カニと卵がたっぷりのまろやかな味は、日本人好みで親しみやすいです。

トムヤムクンの味付けにも使われるチリインオイルとカニのうまみが口いっぱいに広がる幸せの料理です。

 

 

2.カオナペッ

こちらは焼いたアヒルの肉が乗ったご飯です。

甘めのタレで味付けされていてくせのない美味しさです。

 

 

3.ソムタム

砕いたナッツや唐辛子の入ったパパイヤのサラダです。

タイ人のソウルフードで種類も沢山あります。

観光地のものは手加減されていて日本人でも食べられますが、

現地の人向けのお店や屋台のものは容赦のない辛さなので要注意です。

 

 

4.トムチュー

こちらはソムタムとは打って変って日本人の口に合うやさしい味付けです。

たまご豆腐・白菜・豚挽き肉を鶏がらスープの素と塩で味付けした

日本のお吸い物にそっくりな料理です。

辛いものに疲れてきた身体を休めたいときにぴったりです。

 

 

5.ガパオライス

日本でも有名になったガパオライスはタイの定番料理

ナンプラーと唐辛子が効いていて、日本よりも濃い目で辛めなので卵焼きと一緒に食べるのがおすすめ。

ちなみに日本人のガパオの発音はタイ語のかばんに聞こえてしまうようなので、

メニューを指差したり、しっかりライスまで言うと伝わりやすくなります。

 

 

寒い日が続いて、もううんざりというあなた。常夏のタイへひとっ飛びしてみてはいかがでしょうか。

にこやかな人々とゆったりとした時間を過ごすと最高にリフレッシュすることができるはずです。

気になる料理を現地で食べてみませんか?

Writer's Profile

アレティ編集部