Areti.の新CMが完成! ボクシング世界チャンピオン・吉田実代が出演中

Areti.STYLE

日本ボクシング初、一児を育てるシングルマザーで世界チャンピオン。Areti.のスーパーアンバサダーに就任し、新CMに出演中の吉田実代さんが美の旅にも登場です。インタビュー中の「美しい人とは?」という問に返ってきた「凛として、心を強く持っている人」。その答えは、吉田さん本人であるように思いました。

娘のため、自身のため、カッコイイ母親を貫きたい

吉田さんは20歳でキックボクシングを始め、26歳でボクシングに転向。キックボクシングで積み上げてきたものを捨て、出産のためにボクシングからも一度は退くことに。それでも夢を諦めきれず、復帰から約1年半で初代日本バンタム級チャンピオン。2年目で第6代東洋太平洋バンタム級チャンピオン。3年目にして第5代WBO世界女子スーパーフライ級チャンピオンのベルトを手にしています。その原動力になったのは、当時8か月だった愛娘の存在でした。

「引退したような状態だったので、ジムのインストラクターとしてお手伝いをしていたときに、試合のオファーが来たんです。当時は一人で子どもを育てながらボクシングを続けることに賛否両論ありましたが、まだやり残しているという気持ちも残っていました。ジムのみんなが家族のように支えてくれ、次第に、一緒に頑張ろう、一緒に成長しようという気持ちが強くなり、復帰することに。私にとって娘は本当にかけがえのない存在。相棒であり、宝物のようであり、救い。娘は日本タイトルをかけた試合を初めて目の前で観戦したのですが、“すごくカッコイイ”と言ってくれ、保育園でも“ママはチャンピオンなんだよ!”って自慢しているようです。だから、娘のためにもカッコイイ母親を貫いていきたいです」

念願の世界王座まで昇り詰めた今、児童養護施設への訪問や保育園での身体作りクラスなど、社会活動を定期的に行っている。そこで伝えているのは“夢を追うことの大切さ”。

「私は今まで人に恵まれ、いろんな人たちに助けてもらいました。その恩を子どもたちに繋げていきたいと思っています。いろんな環境下の子どもたちに寄り添いたいと始めた活動ですが、実際に子どもたちと会うと、私が元気をもらったり、学ぶことがたくさん。それがまた今の私のパワーになっています」

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧