• HOME
  • ARTICLE
  • LIFE
  • テレワークでもデキる女性を目指す!集中力UPする3つのコツ

テレワークでもデキる女性を目指す!集中力UPする3つのコツ

LIFE

新型コロナウイルスの影響もあり、日本でもテレワークが推進され始めました。

いよいよGWも終わり、テレワークも再開。でも、自宅だといまいち仕事に集中できない……と、お困りの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、集中力をアップし、自宅でもお仕事に集中できる3つのコツをご紹介します。


ルーティーンを決める


みなさんの仕事モードのスイッチをONにするタイミングはいつでしょうか?

オフィスワークには通勤時間がありますが、自宅ではデスクに座ったら即仕事…。

生活と仕事が地続きな分、すぐに集中力を発揮するのは難しいものです。

そこで、テレワークでは仕事開始前にルーティンを作ってみましょう。

たとえば、

  • コーヒーを淹れる
  • 気になる場所を掃除する
  • ラジオ体操する

など、ルーティンはなんでも構いません。

仕事前に必ず行う動作を決めて毎日実行することで、自然と仕事モードに切り替わっていきます。

特に、軽い運動は脳の働きを活発にするので仕事前には特におすすめですよ!


定期的に休憩する


自宅で部屋にこもっていると、時間も忘れて仕事に没頭してしまうかもしれません。

しかし、いくら集中できていたとしても長時間働き続けると疲れがたまり、結果的にパフォーマンスが落ちてしまいます。

学生時代に何時間も授業を受けられたのは、合間に何度も休憩を挟んでいたから。

そうしたメリハリをつけることが、集中力を高めることに繋がるのです。

1時間集中したら5分でもいいので脳を休める。

この習慣を身に付けることが、集中力UPの秘訣です!


ひとつの仕事に集中する


テレワーク中の集中力を落とす原因のひとつがマルチタスクです。

たとえば、チームメンバーとのスムーズなやりとりができず、ひとつの作業に何度も確認が必要になったとき。

資料を作成して、メンバーに連絡し、また確認作業が入り、その間に自分の仕事をこなし…なんて、状況に陥ってしまうことがあるかもしれません。

また、立て続けに連絡があると、その度に仕事の手を止めて返信に追われることも。

実は、この状況はマルチタスクに陥っていて、集中力がガクンと落ちてしまうのです!

そんなときは、「集中したい時は外部連絡をブロック」などルールを決めて、自分なりの区切りを見つけて上手に切り替えしましょう。

ひとつひとつ仕事をするのは、非効率的に思えるかもしれませんが、実はひとつの作業に集中することこそ、集中力を維持できて効率的に仕事を進める近道になります。

 

いかがでしたでしょうか?

“ルーティンを決めて休憩を挟みながらひとつの仕事に集中する”

この方法はテレワーク中だけでなく、普段のオフィスワークや趣味、家事などすべてのことに応用できます。

この機会に実践して、集中力UPを目指しましょう!

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧