「カフェオレ?」「カフェラテ?」コーヒーの名前と違い①

ART&CULTURE

2018年4月2日(月曜日)

みなさんこんにちは。

コーヒーはお好きですか?

私は三度の飯より…は言いすぎましたが、

そのくらい大好きです。

好きが高じて大学時代にはカフェで

アルバイトしていたくらいでした!

とはいえ、日常的に飲んでいるのは

インスタントコーヒーばかり……

正直なところ、カフェで働くまで

コーヒーの種類なんてあまりわかりませんでした。

ラテもオレも同じに感じますよね。

そこで今回は、カフェで目にするコーヒーの違いをご紹介しようと思います!

 

 

1.エスプレッソ

 

「エスプレッソってあの苦いやつでしょ…? 私飲まないけどなぁ」

とお思いかもしれませんが、そんなことはないんです!

カフェラテやカプチーノ、アメリカ―ノ、そしてカフェモカなどなど

お好きではないですか?

 

実はあれらは全部、エスプレッソをもとに作られているんです!

順に見ていきましょう。

 

 

2.カフェラテ

 

国やお店によって差はあれど、

カフェラテの基本は

エスプレッソ+温めたミルク(スチームミルク)

です。

温めたミルクにも種類があって、

カフェでよく聞く「プシュ~~ッ!」という音のスチーマーで温めて、

泡と液体の混ざりあっているものがスチームミルク、

もっと泡立てて真っ白なふわふわの泡ができているものがフォームミルク

となります。

カフェラテはフォームミルクよりもスチームミルクの割合が多いので、

ミルク感たっぷりでマイルドな口当たりです♪

一方で、フォームミルクが多めに作られているのが

次にご紹介するカプチーノになります。

 

 

3.カプチーノ

 

 

ふわふわした泡が特徴のカプチーノ。

これも基本は、

エスプレッソ+温めたミルク(スチームミルク+フォームミルク)

です。

口の周りに白いヒゲができそうになるのがカプチーノ、

と覚えてもらえたらうれしいです。

また、カプチーノは泡の上にパウダーを振りかけて楽しんだりします。

オススメはアメリカ流のシナモンパウダー!

やわらかい口当たりに香りの刺激がぴったり合います。

 

以上、今回は基本となるエスプレッソ、カフェラテ、カプチーノをご紹介しました。

ちなみに、カフェラテとカフェオレの違いは

土台がエスプレッソなのかドリップコーヒーなのか、という差です。

次回も色々なコーヒーをご紹介したいと思います。

皆さまぜひ、お気に入りのコーヒーを探してみてください♪

 

Writer's Profile

アレティ編集部

ページTOPへ