言葉と音、オノマトペの世界

ライフ, 日本, 言葉

みなさまこんにちは。

最近、日中はぽかぽか暖かい日が多く

過ごしやすくなってきましたね。

日中に太陽を浴びながらダラダラ過ごしても、

夜にはすやすや眠れますから

春眠暁を覚えず、これ然り。

という気持ちになります。

 

さて、ペラペラとお話してしまいましたが

なにかにお気づきでしょうか?

 

チラチラと文字の色が変わっている箇所、

そう「オノマトペ」です!

 

日本語はこの「オノマトペ」が非常に発達している言語で

私達の日常会話や意思疎通においてとても役立っています。

 

今回は普段何気なく使っている「オノマトペ」の世界について、

ご紹介します。

 

1.オノマトペとは

オノマトペという単語は、フランス語のonomatopéeという単語が由来です。

意味は、

擬音語や擬態語、擬声語などを意味する語。きらきら、ぴちゃぴちゃ、などのような表現を包括する概念。

出典|実用日本語表現辞典

 

擬声語とは……

事物の音や人・動物の声などを表す語。「ざわざわ」「がやがや」「わんわん」「しくしく」の類。

出典|実用日本語表現辞典

 

擬態語とは……

物事の状態や様子などを感覚的に音声化して表現する語。「にやにや」「うろうろ」「じわじわ」「ぴかり」「ころり」「てきぱき」などの類。

出典|実用日本語表現辞典

 

非常に似ているのですが、

なんとなく違いをわかっていただけるでしょうか。

これら、擬声語と擬態語の総称が「オノマトペ」となります。

 

2.具体的なオノマトペ

さて、この「オノマトペ」ですが

あまりにも身近にありすぎて

いざ考えてみるとなかなか難しいですよね。

たとえば、【食べる】ことに関してだけでも

  • パクパク
  • モグモグ
  • ガツガツ
  • ムシャムシャ
  • モリモリ

と、少し考えただけでたくさん出てきます。

まだまだほかにもありそうですが、

これら5つのオノマトペだけでも

同じ【食べる】を表しながらも違ったニュアンスが

あることがわかります。

たとえば……

「大好きな苺パフェが絶品でパクパク食べた!」

「ミディアム・レアのステーキをモグモグ食べた」

 

「パクパク」は大好きなパフェに細長いスプーンを突き立てて

何度も口に運んでいる様子が思い浮かびますし、

「モグモグ」は美味しいステーキを一口サイズで頬張って

味わいながらたくさん咀嚼している様子が思い浮かびます。

 

口に出すとより分かりやすいですが、

“パ”などの破裂音と”グ”などの濁音で

与える印象が変わってきますよね。

このようにちょっとした語感の違いが、

私達のコミュニケーションを豊かにし

会話にイメージを与えてくれます。

 

そういえば、もうすぐ梅雨の季節。

雨がザーザー降り出したら、

ピチャピチャ跳ねる水たまりの音を楽しみながら

身近なオノマトペ、探してみてください♪

 

 

Writer's Profile

アレティ編集部