【 腸活 】炊飯器で作る!ボーンブロススープ

【 腸活 】炊飯器で作る!ボーンブロススープ

ニューヨークを中心に話題のボーンブロス。骨を長時間煮込むことによって骨の中にある栄養素がスープに溶け出し、栄養値も高いです。

こんな方にオススメ

  • ●しっかり栄養を取りたい方
  • ●晩御飯メニューに悩んでいる方

材料2~3人分

  • 牛・豚の骨
    2~3本
  • 水(できれば硬水)
    1L~
  • 玉ねぎ
    1個
  • セロリ
    1本
  • ニンニク
    1片
  • 生姜
    1片
  • 大さじ1
  • 人参
    お好みで
  • リンゴ
    お好みで
  • パプリカ
    お好みで

作り方

  1. 1.骨は軽く湯に通してから掃除し、余計な脂や血、汚れなどをきれいに除去します。
  2. 2.洗った骨を金づちで砕きます。
  3. 3.野菜は適当な大きさにカットし、すべての具材を内窯に入れて煮込みモードで5時間で設定します。
  4. 4.完成後に自然に冷まします。スープが冷めてくると、表面に脂が浮いて固まってきます。脂を取り除いたらボーンブロスの完成です。

コツ・ポイント

牛骨でボーンブロスを作るときは、骨を200℃前後のオーブンで15~20分ほど焼いてから煮込むと香ばしく仕上がります。 さらに4時間ほどは煮込み続けてると、より本格的な味わいの豚骨スープになります。 煮込む際に、鍋のフタを開けると透き通ったスープ、フタをしめると白濁したスープになりますのでお好みで調理してみてください。

Language
Japanese
Open drop down
English
English