実は避けたい朝フルーツ

BEAUTY

みなさんは朝食にフルーツを食べていますか?

朝スムージーの流行もありフルーツと聞くと健康的なイメージをもたれる方も多いのではないかと思います。

フルーツを食べることはビタミン補給やミネラル補給など様々な身体によい効果が期待されます。

しかし、中には朝に食べることがあまり好ましくないフルーツがあります。

実は一見ビタミン豊富で身体に良いとされる柑橘系のフルーツは朝食に摂るとシミの原因になってしまう恐れがあるのです。

これは柑橘系のフルーツに含まれるソラレンという物質が紫外線の吸収率を高めることによりシミや色素沈着を引き起こしてしまうことによります。

ソラレンを含む果物は…グレープフルーツ、キウイ、レモン、オレンジ

ソラレンを含んでいない果物…イチゴ、ブドウ、リンゴ、バナナ、梨などです。

シミを防いで果物を食べるには、朝食にはソラレンを含んでいないフルーツを選ぶようにし、

ソラレンを含む果物は夕方以降に食べるようにするのがおすすめです。

正しい知識でお肌をシミから守りましょう。

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧