指の先から美人を目指す。今日からできる指先ケアのコツ

BEAUTY

ファッションやヘアスタイルには気を使っていても、うっかり忘れてしまいがちな指先のケア。

せっかくのおしゃれも、パッと目に入る指先がきちんとお手入れされていないと残念な気持ちになってしまいます。

しかし、なかなか毎日のケアは続けにくく、お気に入りのネイルが気が付くと欠けてしまったり…。指先周りのトラブルは他にも、ささくれや二枚爪など意外と多いもの。

今回は、綺麗な指先をキープする、日々のネイルケアをご紹介します。

保湿とマッサージで、健康的な爪を育てる

ネイル・ハンドケアに欠かせないアイテムと言えば、ハンドクリームとネイルオイル。

手を洗ったり、水仕事をした後は特に手もとが乾燥しやすくなってしまうため、かならずケアするように心がけましょう。

乾燥は指先の大敵。ハンドケアとセットで、爪の先までしっかりと保湿することが大切です。

普段使っているハンドクリームを手のひらに取ったら、しっかりと手もとを温めるイメージで包み込むように延ばします。

次にネイルオイルですが、特に乾燥やささくれが気になる方は「植物性オイル」に、ヒアルロン酸など保湿力を高める効果が期待できる成分が含まれているタイプがおススメです。

ネイルオイルは爪の根元に適量を塗布し、しっかりとマッサージするようにもみ込むと、より効果的です。

ハンド・ネイルケアは気が付いた時にサッとできるので、毎日の習慣になるようハンドクリームやネイルオイルは、すぐ手の届く場所に置いておくと安心です。

指先への負担を減らして、グリーンネイルを防ぐ

指元を華やかに演出してくれるネイルアート。季節ごとのデザインを楽しむ女性も多いのではないでしょうか?

しかし、こちらも毎日のケアを怠ってしまうと、緑膿菌が引き起こす「グリーンネイル」のリスクが高くなってしまいます。

グリーンネイルの症状には痛みや痒みもないため、ジェルネイルやスカルプネイルを施していると症状に気付かないまま進行してしまうことも。

放っておくと爪の奥まで菌が浸透し、完治させるためには医療機関での受診が必要になります。

一番の原因は浮いてしまったネイルの隙間に水分が入り込み、爪とネイルの間で繁殖してしまうパターン。

指先や爪が乾燥していると、せっかくのネイルも浮きやすくなってしまい、グリーンネイルにかかってしまう確率も上がってしまいます。

ネイルが浮いてしまわないように、指先のケアは毎日しっかりと行いましょう。

また、家事や仕事など普段の生活では、なるべく指先への負担を減らすように、心がけることをお薦めします。

髪を洗うときはシャンプーブラシを使ったり、パソコンのキーボードは優しく叩くなど、ちょっとした心がけで、ネイルはグッと長持ちするものです。

プロのメンテナンスで、頑張る指先にご褒美を

毎日のセルフケアを大事にしていても、指先にトラブルは付き物。そんな時こそ、ネイルのプロに頼みたいのが、本格的なメンテナンスです。

普段は見過ごしている甘皮処理や、爪の形、表面を磨くなど、爪のコンディションを整えてくれるネイルサロン。

自分自身の指先がどのような状態なのか、客観的に見てくれる事も大きなポイントです。なかなか、指先までケアが出来ていない時こそ、プロの力を借りるのが一番なのかもしれません。

本格的なハンドマッサージを施してくれるサロンも多く、日々頑張っている自分へのご褒美にも最適です。

日々のセルフケアと、プロによる本格的なメンテナンスを上手に利用しながら、指先美人を目指してみませんか?

 

美の旅編集部(Areti)

東京・日本橋発のベンチャー美容ブランドAreti(アレティ)がお届けする「美の旅」では、知っていると、毎日がちょっと楽しくなる情報をお届けします。

プロフィール

関連記事一覧